えっ、シミが取れた!?

「脱毛エステサロン並みの脱毛効果が望める」と評判のケノン。最近、徐々にスキンケア(美顔器)にも人気が高まってきている様子。コトに “美顔” 目的で使う人が増えてきているそうです。
 
 肌の悩みごとの中でも “シミ” に関するトラブルは多く、1度できてしまうとなかなかキレイに元に戻す事はできません。

今では高価な『美白美容液』なども売られていますが、外側からの刺激ではわずかな効果しか得られず、「完全に無くす」と言うのは難しいようです。
 そんな頑固で根深い シミやソバカスをも、まるで無かったかのようにキレイにしてくれるのがケノンの美顔機能。

 シミが消えるメカニズム.

では ケノンが、どうやってシミを無くすことができるのか。

 ”シミ” は、紫外線などで 余分なメラニンが増え、外に排出できずに徐々に蓄積されて行く事でできてしまいます。肌が正常なダーンオーバーを繰り返している場合、通常は問題なく外に排出することができるのですが、ちょっとでも新陳代謝が悪かったりすると うまく排出できず、肌の奥に染み付いてしまうのです。
それが “シミ” の原因です。

そんなメラニンにダメージを与えてくれるのが、IPLのフラッシュ光。IPLの様々な波長の光の中には、肌の奥までも浸透する事のできる長い波長の光も含まれています。その長い波長の光が、メラニンに反応し、そのメラニンを攻撃します。

 もともとケノンは “脱毛” と言う専門分野で、ケノンのカートリッジに使われるランプ(キセノンフラッシュランプ)や特殊フィルターは、IPLの光を分類して 「黒色」に反応する光のみを集める事で、脱毛を可能にしています。なので、黒(メラニン色素)に反応するのは、毛だけだはないのです。その特性から、皮膚に含まれるメラニンも攻撃対象となるのは必然。他の正常な細胞には目もくれず、メラニンのみを狙い撃ちすることができるわけです。

 えっ、ソバカスも消える?!.

その結果、ダメージを与えられたメラニンは、老廃物として 肌のターンオーバーと共に徐々に肌表面に浮き上がってきます。で、最終的に余分な角質としてポロリ。っと言うコトになります。

 ”シミ” が、紫外線や加齢 といった 「成長する過程で蓄積されて行く」と言うものが多いのに対し、”ソバカス” は 生まれつき もしくは幼少期にできてしまう事が多い肌トラブル。子供の時はそれほど気にならなかったソバカスは、思春期をすぎてくるとやっぱり気になってくるもの。

 そのようなソバカスも、原因は “メラニン” です。シミと同じように、ケノンでのIPLフラッシュを当て続ける事で徐々に解消されることは十分にノゾめます。自分でもメラニンを増やさない=紫外線を浴びない ようにする努力(常に日焼け止めを携帯するとか)は必要ですが・・・