トリア

家庭用脱毛器ケノン《スペック》
・光源;ダイオードレーザー.
出力波長:810nm(JIS安全基準/クラス1)
・5段階出力調整機能搭載.
・充電式/フル充電後稼働時間;30分(目安)
・本体一体型リチウム電池内蔵.
・充電回数;約500回.
・総重量;600g.

数少ない “家庭用レーザー脱毛器” の代表選手です。
レーザー脱毛器で家庭用というと、もうコレ一択しかないのでは?というくらい「右に出るもの無し!」状態。

 家庭用脱毛器 トリア 詳細.

 トリア本体価格に仰天!

トリア本体の価格は、ズバリ! 税込 ¥54,800-!!
今回掲載した他の本格派の家庭用脱毛器2機種と比較すると、2番目に安い価格です。
 アメリカ生まれの、 “FDA” の正式な認可を受け、安全性も確立されている本格派レーザー脱毛器で この価格は嬉しい限りです!

 家庭用レーザー脱毛器 “トリア” の実力.

日本国内でレーザー脱毛というと、病院などで医師免許を持った者にしか施述できない という決まりがあります。が、前述したように トリアは、アメリカの FDA(アメリカ食品医薬局)の認可を受けています。日本でいうところの厚生労働省に当たりますが、実際の規模は格が違います。日本は到底及びません。審査基準がかなり厳しく これに通るということは、本当に安全が確認され 効果が実証された と言う証拠なのです

 という理由から、日本でも承認されているのだと思います。
簡潔に言うと、実際にクリニックで使用されているダイードレーザーを家庭用に小型化したモノで照射出力は5段階に調整できます。自分の毛質・肌質に合わせてレベルの調節ができるので、無理なく気軽に脱毛処理ができます。

 “トリア” 照射範囲.

トリアのレーザーを照射する部分の口径は、直径8ミリと言う小ささです。レーザー光線ですからそんなモノと言ってしまえばお終いですが、まさにピンポイントでの照射となるわけです。実際の照射は、この照射口をぴったりと肌につけて行うので、照射漏れや誤照射 などは起こりにくいです。

参考までに、部位別の照射回数の目安を掲載しておきます。
家庭用脱毛器ケノン

 家庭用脱毛器 トリアの欠点.

 照射時の痛み.

トリアはレッキとした レーザー脱毛器です。医療レーザー脱毛を一度でも受けたことがある人は わかると思いますが、レーザー脱毛に痛みはつきもの。
「家庭用脱毛器で出力を抑えているので安全」とはいえ、20ジュールのダイオードレーザーを照射するのですから 多少なりとも痛みは覚悟して臨みましょう!(冷却ジェルは必ず準備)

 本体の重さ.

トリアの本体重量は、600g。米 500g袋よりも重いです。
 コレを 「いくら美しくなるため!」とはいえ、長時間持って照射し続けるには かなりの腕力が必要です。美しくなるために、上腕二頭筋が鍛えられてムキムキになっていては元も子もありません。

トリアを使う時のは、本当にしつこく生えてくる剛毛な毛 など必要不可欠な場合のみにした方が良さそうです。

 電池が切れたらオシマイ?

トリアは、カートリッジ交換式ではありませんので 消耗品というのがありません。がっ!トリア本体に内蔵されているリチウム電池には寿命があり、およそ 500回の充電で限界です。

 もしそうなったら どうするか・・ 保証期間内(購入後1年)であれば、無償で取り替えてくれますが、1年をすぎてしまった場合は また新たに買い換えないといけないの? っと、不安になりますよね?
 ですが、一度 正規購入履歴があれば、割安なお値段(半額以下)でまったく新しいトリアを購入することができます。

この時注意しないといけないのが、”ケノン” ように 購入先に履歴が残るわけではありません。購入履歴を確認するには、『買った時の納品書』を提示することになります。
 購入時の証明になりますので、納品書は大切に保管してくださいね。
 
 
“トリア” は言わば、「自宅でできる永久脱毛器」。
使いこなすことができれば、あとは 根気強く続けることで、一生 生えることのないツルッツルの素肌が手に入るチャンスです!