ホホのたるみはどうよ…ほうれい線にも効く?

たるみやほうれい線の問題も、常に『顔のおなやみランキング』には上位にランクインしています。フェイスラインを崩すホホのたるみ。それと共に老け感を倍増させるほうれい線。ホントに目をそらしたくなる現実!
 なんとかしたものです。

中には20代ですでにタルミの問題で悩んでいる人もいるというから驚きです。
 そこでこのページでは、「たるみってなに?」「なんでタルム訳?」という所に焦点を当ててみましょう。

 タルミの原因は何?

「タルミの原因」それは、肌本来の弾力(ハリ)とみずみずしさ(水分)の欠如
コラーゲンの減少により、肌に水分を保持する事ができない、エラスチンの減少によりコラーゲン同士を結びつけ ゴムのような伸縮性・弾力を補う事ができない
 事によって起こります。

なぜこれらの重要な美容成分は減少してしまうのでしょうか?
 原因は様々ですが、「過度な紫外線によるもの」「筋力の衰え」「ストレス」「睡眠不足」「姿勢の悪さ(猫背)」などが考えられます。

“たるみ” を改善するためには、もちろん上記の中で 変えられる限りの生活環境を見直していけばいいのですが、それだけではまず持って元に戻す事はできません。

 ケノンの美顔機能で “たるみ” 改善!

「たるみを少しでも改善させたい!」と思うのであれば、生活環境を整えつつ、さらに肌に必要な美容成分を補ってあげればいいわけです。
 つまり、コラーゲン・エラスチン そしてヒアルロン酸 この3つのバランスが程よく存在する事が重要です。

この3つの関係(三角関係?)を簡単に説明しますと、
 この3つはもともと肌内部に存在する物質です。ですがこれらは、悲しいかな 加齢と共に減少していきます。肌内部のコラーゲンが減少すると、ヒアルロン酸が保水力を保持できなくなります。

逆にヒアルロン酸が減少すると、コラーゲンが変質し、エラスチンが減少します。結果、肌にハリや弾力が無くなり、シワやたるみが完成する というわけです。
 まさに美肌を作るためには、この3つの連携プレーが必要不可欠になるのです。

そこで登場するのが『ケノン』です。
ケノンの “IPL” による光のタバは、これらの美容成分を生成する『繊維芽細胞』と呼ばれる、肌の奥 “真皮層” にある細胞まで到達し、これを刺激します。1度や2度の刺激では、作用するには及ばないので、定期的に照射を繰り返す事が必要です。

 ケノンでの照射を繰り返すことで、細胞に本来の働きを取り戻すように促す事ができます。
そうすると、徐々にそれらの成分が分泌されるようになり、徐々にたるみやほうれい線が解消していくことにつながります。