新型プレミアムカートリッジが標準?!

2017年度のバージョンアップで新たに発表されたケノンの最新カートリッジ『プレミアムCT』はもう知っていますか?
空前絶後の照射回数を誇るカートリッジとしてかなり話題になりました。

家庭用脱毛器ケノン
 
 
← コチラがその話題沸騰中の
『プレミアムCT』
 
 
販売元メーカーによると、これまで数々出してきたカートリッジの中でもシリーズ最高傑作!というカートリッジ。

ではこの話題の「プレミアムカートリッジ」がどういうものなのかについてじっくりみていきたいと思います。

ケノン販売元エムロックの本気!
『プレミアムカートリッジ』に迫る!!

驚きの照射回数.

とにかく何がすごいかというと、このプレミアムカートリッジはその照射回数が、なんと100万回!!!

”100万回” といっても、出力レベル的には最小の「1」の場合での最高照射回数です。ケノンを使う場合には、ほとんどレベル1を使うことはなく、脱毛効果を実感するための照射出力は「5」以上は必要となることから、実際はその半分程度と思ったほうがいいでしょう。

ちなみに最高レベルの「10」でも照射回数は30万回!という脅威的な回数を打ち出しています。これは従来からのラージカートリッジと比較すると、レベル1で20万回のラージCTに対し100万回ということで5倍増し!!

レベル10では、およそ13,000回のラージCTに対し30万回で、実に23倍?!!
増しに増してマシマシ!?
(ちょっと何をいっているのかわからなくなってきてますが・・)
それだけちょっとなんかおかしな方向にいってしまいそうなくらいの考えられない照射回数ということ。

プレミアムCTの驚きの照射回数を
「まるごと全身脱毛」で換算すると・・

この驚きの照射回数を、全身脱毛専門の脱毛サロンで人気の「まるごと全身脱毛」が何回分契約できるか換算してみましょう。

【ケノン販売元調査による年間使用照射回数のデータ】

使用頻度:10日に1回のペースで1年間で36.5回の使用.
消耗回数:全身(顔/鼻下・腕・足・脇・背中/上下・vio・指など主要なムダ毛のある部分/ムダ毛面積を全身の19.2%と仮定)まるごと1回分411回(発)×36.5=15,001発.

脱毛サロンでの「まるごと全身脱毛」を、1ヶ月間隔のスピード脱毛施術で1年間/12回で契約した場合、それと同等の効果をケノンで実感できるだけの照射回数が上記の回数15,001回(発)とすると・・ 100万回使用できるレベル1では約67回分30万回の使用が可能な最高レベルの10では約20回分となります。

ケノンでは、脱毛サロンでの全身まるごと脱毛完了(12回分)の契約が、上記の回数分できる計算になりました!
レベル1での回数でも67回分も契約すれば、それこそツンツルテンになるでしょう!そして最高レベルの10で契約した場合20回もの回数を受けられます!

この数字は、まさに『永久脱毛』ができる契約回数と言えるのではないでしょうか!!!

肌ダメージの軽減を実現したセーフガードとは.

それだけではありません。今回のバージョンアップでは、カートリッジの形状も変化しています。

従来からのセーフガードとしてのフラッシュ照射口であるランプ部分のフィルターガラスと、肌が直接密着するフレーム部分との距離が2.5倍離されたのです。

これによる効果は、連続照射による出力低下の軽減と耐久性のUP
これまでは、肌と密着するフレーム部分とフィルターガラスとの距離が近いことで、照射時に皮脂汚れなどが付着してしまうという問題が発生していました。それによりフラッシュ光線の妨げとなり、脱毛効果にも影響を与えるというマイナスの部分が。

照射後にはアルコールスプレーなどでキレイに掃除をすることで解決はしますが、少しでも掃除の手間が省けるようになるだけでも大きなメリットです!

|照射がソフトになったのにサロン並みの仕上がり!?

前項のフィルターガラス面と肌との距離が引き離されたことで、皮膚への負担は減ったもののケノン本体の基本的な照射出力は今回のバージョンアップで増大しています。

光の照射はソフトになった・・にもかかわらず脱毛効果は以前にも増しているとの情報が!
口コミによると・・

◯ 数年前までは家庭用脱毛器なんて信用していませんでした。ですがケノンに出会って、以来ケノンは私の中では例外。新しいケノンは光の優しさ?使用後の肌ざわりが別物です。名前の通りのプレミアムです。もう前のケノンには戻れません。

◯ 新しいケノン本当にヤバイです。見た目が同じだったのでまぁ適当にモニターとして1,2回使って返すつもりだったのが、1発打って「何コレ私の知ってるケノンじゃない?気付いたら1ヶ月・・しばらく使っても汚れにくいこの長寿ぶり。2〜3人で使ってもカートリッジの交換はいらなそう。中身違いすぎです。

◯ 買い替えも全然アリ!新カートリッジの寿命の長さは反則ですね。家族利用者でカートリッジを追加購入するくらいなら買い替えた方がいいかもです。

という具合に、皆さん口を揃えてその違いを実感されています!使えば使うほどに脱毛サロンにも匹敵する脱毛効果を実感できるかもしれません。

エムロック史上初!カートリッジ2年保証とは!?

今回の新カートリッジ「プレミアム」はとにかく超寿命が売りのカートリッジです。なにせ100万回です。最高レベルの「10」でも30万回。メーカーによると、ひとりで約20年分!3人だと6年分以上もモツ!とされています。

そのための措置なのでしょうか・・今回初!カートリッジだけの保証が付きます!あくまでも「任意」となりますが、通常の1年保証にプラスしてもう1年保証をつけることができます。つまり購入後2年間はいつ故障してもいつでも新品と交換できる!ということ。

購入後の簡単登録ですぐに保証を受けることができるようになります。
もともとケノンには通常の電化製品に付く「1年保証」が当然あります。さらにこちらも任意ですが、ケノン独自の「メーカー延長保証orメーカー事故保証」というものに加入すると、3年間の延長保証が受けられるというものがあります。ですがコレはあくまでもケノン本体のみの保証で、カートリッジまでを保証するものではありません。

今回、この『プレミアムカートリッジ』に初めて保証が付けられた形となります!

プレミアムCTは男性のヒゲにも対応?!

ケノンでは以前から『ストロングカートリッジ』というヒゲやvio ・脇毛などの皮膚自体は非常にデリケートにもかかわらず毛質は剛毛という部位の毛にも対応したカートリッジが存在します。

ですが、このカートリッジは他のカートリッジと比較すると確かにパワーでは勝ります。プレミアムCTもこのストロングCTにはかないません。ですが照射回数では、ストロングCTの場合出力レベル1でおよそ86,000回、出力レベル10では わずか11,000回しか照射できません。プレミアムCTの照射回数には到底及ばないのです。

ですが今回出力も若干パワーアップしたプレミアムCTでは、剛毛なヒゲ・vio・脇にも十分に対応できるだけの出力が備わってます。そこで、主要な部分(どうしても効果が出ないところ)のみをストロングCTで照射して、それ以外はプレミアムCTを使うという方法をとれば、ストロングCTの照射回数の節約につながります。

プレミアムCTが標準装備されるということは、まさに他のカートリッジの寿命をも伸ばすことに繋がるのです!

プレミアムカートリッジはヒゲ以外にも背中や顔の産毛などにも対応しています。

プレミアムカートリッジの弱点は互換性のなさ.

今回のバージョンアップに限ったことではありませんが、ケノンの唯一の難点・・ それは「互換性のなさ」です。そもそもプレミアムCT誕生の経緯は、ケノンを使うことで少しでもランニングコストの削減(消耗品にかかる費用の縮小)ということで開発されたわけです。

ですが、それをするならもう少しケノン自体に互換性をもたせた方がいいのではないかと思うわけで。今回も、このプレミアムCTが使用できるのは今の所「ケノンVer7.1」のみです。旧バージョンのケノンでは一切反応しません。

ケノンをパワーアップさせるのには本体自体を根本から変えないとダメということなのでしょうか・・その辺の化学的な事情は詳しくはわかりませんが、今現在ケノンの旧バージョンを使っている人にとっても今回のこのプレミアムカートリッジはかなり魅力的な存在で「手に入れたい!」と思っている人も少なくないでしょう。

にもかかわらず、バージョンが違うだけで使えないというので、悔しい思いをされていることと思います。経済力があれば「買い替え」も容易なのでしょうが、なかなかそうはいきません。
進化し続けるケノンの唯一の弱点がそこの部分と言えるのではないでしょうか

プレミアムCTは互換性のなさ以外はパーフェクト!

上記「互換性」の点を除けば、プレミアムカートリッジの完成度はほぼパーフェクトといえるでしょう。

照射回数しかり、脱毛力しかり。さらに安全性や耐久性まで文句なしのカートリッジに仕上がっています。このカートリッジが氷筍で付くというだけでも今回のVer7.1のケノンを買う価値は大いにアリでしょう!